これからも・・・

書くべきかどうすべきか・・・ずっと迷っていました。

なぜならまだ、未だに信じることができないからです。

私が二期会研究生を終えた時よりずっとこれまで応援し続けてくださっていた

ドンジョバンニさんこと、佐藤義明さん。今年の6月に天に召されたそうなのです。

そして、もうひとかた、恩師の戸田敏子先生も・・・9月24日に・・・

 

 

・・・佐藤さんについて

関東にいた時、まだまだ駆け出しの私を一生懸命応援してくださいました。

そして、日比野景ファンクラブ事務局長。。。も、してくださっていました。

いつもいつも、笑顔で、「ブラバー!」「けいちゃん!!」いろんな掛け声で

客席から応援してくださっていました。私だけじゃなく、多くの音楽家、

美術家、バレリーナ、の方々が佐藤さんの笑顔と、掛け声にどれだけか

励まされてきたことか・・・

私の舞台を見てくださったのは、今年の2月の名古屋でのミュージカル

「the light in the piazza」が最後でした。

終わってから、夜行バスで帰られるということで、バス停を探しに栄の街を一緒に

歩きました。何バスだったか忘れられて、奥様にお電話。パソコンを開いてもらって

調べていただくというハプニングもありながら。。。

まだ、バス到着まで時間があるから、ここでいいよと、お別れするときに

「元気に歌っているから、安心したよ。ますます頑張れ」って言ってくださった。

それがお話しした最後の言葉。

そのあとの東京での舞台のときには検査入院ということを聞いていましたが、もうひとつあとの

浜川さんとのコンサートのときには、すでに他界されていたんですね。

舞台の度に、まだどこかに座って聞いてくださっている気がしているのだけど、、

実際にはいらっしゃらない。とても寂しいです。。。

でも、これからもずっと私の心の中に、佐藤さんは居続けることでしょう。

あの笑顔を忘れることはありません。

ただただ、

「感謝」これからもずっとずっと感謝!!ありがとうございます!!

 

 

 

・・・大好きな戸田敏子先生

名古屋音大大学院で2年学び、その後、戸田先生について上京。毎月レッスンに通いました。

上京するとき「先生、1からやり直します。どうぞ、よろしくお願い致します」って言ったら

「あなた・・・・まだゼロまで言ってないわよ・・・」って厳しく迎え入れてくださいました。

それからずっと先生を目指し、これ以上の先生はいない。と、必死で先生のレッスンについていきました。

まさに本物の先生でした。ときに厳しく、ときに優しく、大好きで。。。。

ずっとずっとまだレッスン行きたかった。

岐阜に帰ってからも、年に数回しか行けなかったけど、毎回実りのあるレッスンでした。

突然、、訃報が舞い込んできて・・・しかも、佐藤さんの訃報が舞い込んだ同じ月。。。

しばらく悲しくて涙が止まりませんでしたけど、、もう、落ち着きました。

 

先生の教えてくださったこと、身につけたことを、今度はあとの人たちに

伝えていかなければなりません。これまで以上にがんばってやろう・・

「歌うときは、いつでも真剣勝負よ」

という先生の言葉を忘れません。これからも、その気持ちで歌っていきます。

 

どうぞ天国で見守っていてください。

 

 

 

お二人のご冥福を心からお祈り申し上げます。

Comments (2)
  1. 47衣 より:

    ご無沙汰しています、、すっかり秋らしくなって来ましたが…7日仕事で会えず残念でした…
    今年は残念なお報せが相次ぎましたね。佐藤さんの事は本当に忘れられません
    あの穏やかな笑顔が思い出されますね。きっと星の国からも見守り応援して下さっていますよ。
    伊ちゃん共々お身体御自愛下さいね・・・

    素敵な舞台近かったら行きたかったです。
    この何年か、景さんのミュージカルみてないからね・・・

    それではお元気で・・・

    1. けい より:

      47衣さん コメントありがとうございます。2月28日には、川崎シンフォニーホールのマーラー祝祭オーケストラの演奏会に私もちょろっと出ますので、もしよろしかったらいらしてください。

      ツイッターでは、つまらないつぶやきが多いので知り合いも少ないですけど、探してフォローしておきますね・よろしくお願いいたします。あ、もしフェイスブックやられていたら、教えて下さい〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。